グアムのホテル選び グアムヒルトンリゾートスパのタシクラブについて教えます

グアムのホテル選び グアムヒルトンリゾートスパのタシクラブについて教えます

ヒルトンのタシクラブを選んだ理由

グアム旅行のホテルでクラブルームに宿泊したいと思い、選んだのがヒルトンのタシクラブです。

 

クラブルームの宿泊を考えたのは、クラブラウンジのカクテルタイムでスパークリングワインとおつまみを食べながらリゾートホテルの宿泊を堪能したいと思ったからです。

 

飲むことが大好きなわたしにとってスパークリングワイン飲み放題、おつまみ食べ放題というのは夢のようなお話なのです。

 

ホテルのビュッフェレストランでの朝食は内容が良いので少々お高く感じてしまうのですが、クラブルーム宿泊者にはクラブラウンジで朝食サービスが付いていますので、宿泊代金が多少高くても基が取れるとも思いました。

 

また、その時のグアム旅行は個人手配旅行でしたから、グアム国際空港まねの無料送迎が宿泊者の特典としてあったからです。

 

グアムのホテルでヒルトンを選んだ理由はプレミアタワーからタシクラブへ無料アップグレードという宿泊プランを見つけたからです。

 

タシクラブの宿泊代金がアウトリガーの朝食付きのデラックスオーシャンビューの部屋への宿泊代金よりも安価だったことからです。

タシクラブのフロントについて

 

 

グアムヒルトンのタシクラブは日本人の宿泊が多いことからか、フロントのスタッフは日本人の方ばかりでしたので、チェックインやコンシェルジュサービスはまったく言葉のストレスが無く行うことができました。

 

日本のホテル滞在のような雰囲気もありますが、ホテル滞在に気を使いたくないことから考えますと、とても良かったと思います。

タシクラブのオーシャンフロントの部屋について

 

グアムヒルトンに宿泊する前のグアム旅行はスタジオルームでの宿泊でしたから、タシクラブの通常の部屋に入った第一印象は狭く感じてしまいました。

 

もっともこれは当然のことで、クラブルームといえども通常の部屋に宿泊すれば広い部屋ではないのです。

 

この時気付きましたのは、私がグアム旅行でホテルに求めるのはクラブルームサービスではなく、ゆったりと滞在できる、ある程度広い部屋だなということです。

 

クラブラウンジでの朝食とカクテルタイムについて

 

当たり前のことですが、タシクラブのクラブラウンジでの朝食はヒルトン内のビュッフェレストラン、アイランダーテラスの内容に劣ります。

 

朝から多く食べない私にはまったく不満のない内容なのですが、リゾートホテルの豪華な雰囲気な朝食といった雰囲気が少し足りない気がしました。

 

 

 

 

なぜかなと考えたら、オーダーして作ってもらうオムレツサービスが無いことだと気付きました。

 

オムレツサービスや、目の前で焼いてくれるパンケーキやワッフルがあってこそリゾートホテルのレストランという雰囲気が楽しめると感じるのは私だけでしょうか。

 

カクテルタイムですが、こちらも私には合っていないと感じました。

 

なぜならば私の貧乏性が災いしてカクテルタイムで5杯ほどスパークリングワインを飲んでしまいますし、おつまみもそれなりに食べてしまうことから、夕食がまともに食べられなくなってしまうからです。

 

 

 

 

 

 

グアムには素敵なレストランがあるのですが、ラウンジでの飲食でお腹が減っていないことから美味しくワインと食事が楽しめないのです。

 

そのため2日目からはカクテルタイムはスパークリングワインを1杯飲むだけとしました。

 

よく飲んで食べることができる方であれば、クラブラウンジは天国のようなところなのですが。

 

あまり量を飲食出来ないことから、それであれば夕方にサンセットを楽しめるプールサイドのバーに行き、景色を楽しみながら一杯だけ飲んでレストランに行く方がリゾートホテルの滞在が楽しめるなと感じてしまいました。

タシクラブ全体の感想

グアムヒルトンはスタッフがフレンドリーで毎回心地良い滞在が楽しめるホテルなのですが、今回のタシクラブの滞在も全体的にはとても良かったと思います。

 

ただ、私自身がクラブルームのサービスは必要としていないなと感じただけです。

 

グアムヒルトンは大好きですから、次はジュニアスイートなどに宿泊したいなと思っています。

 

サイト管理

サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています。

記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。

サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます。

大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします。

連絡先

sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp