ラッテストーン公園はこんなところ

 私たちがラッテストーン公園を知ったのはダイビングショップの車で公園の横を通った時に大勢の方が集まっていてツアーガイドの方の解説を聞いていたので、ダイビングショップの方に何かあるのですかと聞いたことで知りました。

 

 ラッテストーンのことは知っていたのですが、この場所にあることは知りませんでした。

 

 ただしショップの方はあまり見ても面白くないですよと言っていました。

 

 確かに石が置いてあるだけですから、しっかりとした解説を聞かなければ面白くないことは想像できます。

 

 ラッテストーンを見に行くのであればラッテストーンについて調べておいた方が面白くなると思います。

公園の場所と行き方

 ラッテストーン公園に行く方法は赤いシャトルバスのGPO⇔レオパレスシャトルでアガニャショッピングセンターまで行きそこから歩くのです。

 

 アガニャショッピングセンターからラッテストーン公園までは350メートルほどですから歩いて5分ほどで行くことができます。

 

 ハガニア・チャモロバスでマリア大聖堂前のバス停利用で行くことができますが、ハガニア・チャモロバスは別途10ドルとなりますので、通常の赤いシャトルバスの料金だけで行けるのはGPO⇔レオパレスシャトル利用です。

 

 

公園の様子

 

 

その他でラッテストーンを見る場所

 ラッテストーン公園までわざわざ行かなくてグアムではラッテストーンを見ることができます。

 

 無料で見ることができるのはホテル・ニッコー・グアムの敷地内にあるものです。

 

 こちらはホテルの敷地内から実際に出てきたものです。

 

 高さ1.5メートルほどのものが8本あります。

 

 ネイチャートレイルという散歩する道がニッコーにはあるのですが、そのトレイルで行くことができます。

 

 地図はフロント横にあるゲストリレーションでもらうことができます。

 

 ラッテストーンの上に住居が建っている姿を見ることができるのは有料施設ですがリナラ・ビーチ&カルチャーパークです。

 

 こちらではラッテストーンだけでなく古代グアムの生活なども見ることができますので、一番面白く見ることができるのではないでしょうか。

 

 




グアム旅行の楽天トラベル情報はこちらです
グアム旅行やサイパン旅行でお得な旅行プランを探すのでしたらこちらの楽天トラベルのサイトはしっかりチェックしましょう。 お得な期間限定のセール品や楽天限定のプランをお見逃しなく。
優雅に海外旅行を楽しみたいのであれば、やはりビジネスクラスを利用してエコノミークラスとはレベルの違う機内食や優先サービスも楽しみたいものです。 空港でのラウンジサービスやグアム空港での優先搭乗サービスは一度体験するとビジネスクラスしか利用できなくなります。
個人手配旅行を醍醐味はホテルの良い部屋の格安な宿泊プランを見つけることです。 ツアーでは泊まれなかった宿泊代金が高い部屋がリーズナブルに宿泊できるプランや、朝食付きなどお得なプランがあるかもしれません。
個人手配旅行でしたら格安航空券を見つけて、その分を高級ホテルの部屋で宿泊するといった旅行にすることもできます。 楽天でしたら格安航空券を見つけたら安心して購入することができます。
グアム旅行の楽しみはやはりきれいな海で、シュノーケリングでもそのきれいな海を堪能することができます グアムのホテルはビーチリゾートらしくプールも一日中楽しめるホテルが揃っています グアムのホテルには豪華な食べ放題のレストランも多くあり、どこのレストランも美味しそうで選ぶのがまよってしまいそうです きれいな海の景色を楽しみながらゆっくり滞在を楽しめるホテルを探しましょう
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています





サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています。
記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます。
大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします。
連絡先
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp
TOPへ