オンワードビーチリゾートのお勧めの部屋

 オンワードビーチリゾートではどのグレードの部屋が良いのかと思ってホームページを見ますと、タワー棟の海を見ながら入浴できるバスルームが素敵だなと思ってしまうのは私だけではないと思います。

 

 タワー棟は部屋からの眺望が良いのですが、宿泊代金がウイング棟に比べると高いのも事実です。

 

 素人調査隊がオンワードビーチリゾートに宿泊するのであれば、個人的にはウイング棟のオーシャンビューの部屋に宿泊します。

 

 なぜかといいますと、ウイング棟の部屋はオーシャンビューとシティービューのどちらの部屋も2011年の11月に改装されていますので、まだまだ綺麗な部屋で快適な滞在ができるからです。

 

 部屋の広さも44uと、タワー棟と1uしか広さも変わらないのです。

 

 改装はカーペットからカーテン、ベッドなどとなっていて、日系ホテルらしくトイレにはウォシュレットが完備されていることから快適に過ごせると思います。

 

 宿泊代金が安くなった分で、ホテル内レストランの嵯峨野でリッチに鉄板焼きディナーを楽しむことができます。

 

 

タワー棟の部屋とタワーラウンジの朝食について

 タワー棟に宿泊の方はタワーラウンジが使えることから、タワー棟の部屋クラブルームといった設定の部屋で、よりリッチな滞在を望まれる方にはお勧めの部屋です。

 

 20階から23階のタワーエグゼクティブの部屋からの、天気が良い日の眺望はすばらしもので、ビーチリゾート感を味わうことができます。

 

 アメニティはウイング棟の部屋のシャンプー&コンディショナー、バスジェル、石鹸、歯磨きセット、バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、バニティキット(コットンパフ、綿棒、爪やすり)に対し、バスローブと入浴剤2種類が追加となります。

 

 バスアメニティはロクシタンとなります。

 

 ミネラルウォーター(ベッド1台につき1本/チェックイン時のみ)のサービスがあります。

 

 飲み物に関してはタワーラウンジで、無料で飲むことができますから便利です。

 

 タワーラウンジでは朝食も食べることができますが、無料ではなく有料ということで、宿泊に付いてくる朝食券が必要となります。

 

 タワーラウンジはビュッフェレストランと比較しますと品数が少ないことから、朝からたくさん食べたい方はル・プルミエに行くことをお勧めします。

 

 ただし、タワー棟からウイング棟2階までは少し歩かなくてはいけませんが。

 

 コンチネンタルブレクファスト程度で良いという方でしたら、タワーラウンジの朝食で十分だと思います。

 

 タワーラウンジがうれしいのは夕方のハッピーアワーでおつまみと共にビールやワインが頂けることです。

 

オンワードビーチリゾートのwifiについて

  オンワードビーチリゾートの客室は430室全部にFree Wi-Fiが導入されましたので、部屋でスマホが便利に使えます。

 

 タワー棟はタワーラウンジもFree Wi-Fiとなっていますし、ウイング棟はフロントエリアもFree Wi-Fiとなっています。

 

 タワー棟宿泊者の方は、1階にあるリエゾンルーム内の無料PCを利用することができますし、こちらもFree Wi-Fiスポットになっています。

 

  日系ホテルらしくWi-Fiはとても充実しています。

 

 

 

 

朝食と近くのスーパーマーケットについて

 オンワードビーチリゾートに宿泊するツアーなどは、人数が多い子連れ家族旅行にはうれしいことに、宿泊に朝食が無料で付いていることが多いのです。

 

 旅行人数が多い子連れ家族旅行などの方ですと、ホテルのビュッフェレストランの朝食代金は大人15ドル、子供8ドルとなっていることから、この朝食代金が節約できますので、非常にうれしいことです。

 

 家族4人の旅行であれば、朝食から5,000円ほどの食費が掛かってしまうことになるのです。

 

 グアムの滞在中に3回の朝食を食べた場合には15,000円ほど必要になってしまいますので、これが無料であれば人数が多い家族連れにとってうれしいことなのです。

 

 格安ツアーなどで朝食が付いていない方でしたら、ホテルの近くにありますファミリーレストランのシャーリーズがお勧めです。

 

 ローカルの方もよく利用するレストランで、料理は安くてボリュームがあります。

 

 また、量はそれほど食べないといった方でしたら、ホテルから歩いて5分ほどのところに24時間営業のペイレススーパーマーケットがあります。

 

 こちらで飲み物や食べ物が格安で調達することができます。

 

グアムオンワードビーチリゾートの場所の地図

 グアムオンワードビーチリゾートの場所はタモンではなくハガニヤ湾となります。

 

 グアムプレミアムアウトレットは近いのですが、DFSギャラリアなどがあるタモンの中心にシャトルバスで行く場合には、乗車時間が30分ほどかかります。

 

 

 ペイレススーパーマーケットまでの地図

 

 

 

 ファミリーレストランシャーリーズまでの地図

 

グアムオンワードビーチリゾートのプールとビーチについて

 オンワード グアムはウォーターパークですから子供用の浅いプールに滑り台、波のプールに流れるプール、ジャンボ滑り台などプール施設が充実していますし、ライフジャケットの着用が義務付けられていて、無料で貸し出ししてくれるので安心して子供を遊ばせることができます。

 

 

 オンワード グアムの宿泊者は1人1枚ずつ配られる部屋のカードキーを見せることでウォーターパークやビーチでのレンタルが無料となりますし、バスタオルを借りる事ができます。

 

 オンワードグアムにはウォーターパーク以外にもプールがビーチ沿いにあり、こちらはとても静かな雰囲気となっていますので、プールサイドでゆっくりされたい方はこちらがお薦めです。

 

 

 

 

 

 ホテルの前の海ではシュノーケリンググッズや海で遊ぶカヤックも無料で借りることができますので海も満喫できます。

 

 ビーチはタモン湾の様な華やかさはありませんが、目の前にはアルパット島などがありますので、カヌーなどで冒険するのも良いと思います。

 

 

 

 アルパット島はひょっこりひょうたん島のモデルにもなった島で、干潮時には歩いて行ける無人島ですから、子供と共に冒険をしましょう。

 

 シュノーケリングは、タモン湾と比較しますとあまり魚がいませんし、サンゴもほとんどありません。

 

 透明度も湾自体が外洋からの海水が入らないことから透明度が低いことから、シュノーケリングもそれなりといったものとなります。

 

 

 アルパット島からのオンワードです。

グアム旅行に参考になる楽天トラベルの情報はこちらです
グアム旅行やサイパン旅行でお得な旅行プランを探すのでしたらこちらの楽天トラベルのサイトはしっかりチェックしましょう。 お得な期間限定のセール品や楽天限定のプランをお見逃しなく。
優雅に海外旅行を楽しみたいのであれば、やはりビジネスクラスを利用してエコノミークラスとはレベルの違う機内食や優先サービスも楽しみたいものです。 空港でのラウンジサービスやグアム空港での優先搭乗サービスは一度体験するとビジネスクラスしか利用できなくなります。
個人手配旅行を醍醐味はホテルの良い部屋の格安な宿泊プランを見つけることです。 ツアーでは泊まれなかった宿泊代金が高い部屋がリーズナブルに宿泊できるプランや、朝食付きなどお得なプランがあるかもしれません。
個人手配旅行でしたら格安航空券を見つけて、その分を高級ホテルの部屋で宿泊するといった旅行にすることもできます。 楽天でしたら格安航空券を見つけたら安心して購入することができます。
グアム旅行の楽しみはやはりきれいな海で、シュノーケリングでもそのきれいな海を堪能することができます グアムのホテルはビーチリゾートらしくプールも一日中楽しめるホテルが揃っています グアムのホテルには豪華な食べ放題のレストランも多くあり、どこのレストランも美味しそうで選ぶのがまよってしまいそうです きれいな海の景色を楽しみながらゆっくり滞在を楽しめるホテルを探しましょう
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています
TOPへ