オンワードはこんな人にお勧め

オンワードビーチリゾートグアムは子連れ家族旅行でプールや海でしっかり遊びたいという方にピッタリの、ウォーターパークや、グアムの海を楽しむためのいろいろな施設がある日系のホテルです。

 

グアム旅行が初めての海外旅行という子連れ家族旅行でも、日系ホテルですから安心して泊まれるホテルとなっています。

 

オンワードビーチリゾートの宿泊プランには人数が多い子連れ家族旅行にはうれしい朝食が無料で付いているプランがあります。

 

これは旅行人数が多い子連れ家族旅行などの方には、通常であれば食事代が必要な朝食代金が節約できますので非常にうれしいことです。

 

グアムのホテルでの朝食は、ホテル内のビュッフェレストランですと大体2,000円程度かかるのが普通で、他のホテルに宿泊の場合にレストランで朝食を家族4人で食べた場合には、朝食から8,000円以上が食費に掛かってしまうことになります。

 

グアムの滞在中に3回の朝食を食べた場合には24,000円ほど必要になってしまいますので、これが無料であれば人数が多い家族連れにとってうれしいのではないでしょうか。

 

更にオンワードビーチリゾートグアムのサービスとしては、宿泊する全ての方のベッド台数分のミネラルウォーターのサービスがあったり、海またはプールでの遊びの時、シュノーケルセットやカヌーなどすべて無料で借りて遊ぶことができます。

 

他のホテルですと同じような海での用品を借り放題にした場合には40ドルほどかかってしまいますので、これも家族4人で160ドル、日本円で16,000円以上となり、3日間で48,000円も支払うことになります。

 

これだけの費用が他のホテルに宿泊した場合には出費となるのですが、オンワードに宿泊すれば無料ですからお得なのです。

 

この金額は家族4人の2日分程度のグアムでの昼食と夕食代金に相当しますので、子連れ家族旅行の方で節約したいと思われる方でしたら、オンワードビーチリゾートグアムを選ぶ理由となります。

 

さらにオンワードではコインランドリーも格安で利用できますので洗濯物が多い子連れの旅行でも安心です。

 

オンワードグアムは子連れ家族旅行などで人数が多いグアム旅行をされる方にとって、お得で便利なホテルとなっていますのでグアム旅行のホテルとしてお勧めのホテルです。

 

 

ホテルのロビーの様子です。

 

 

 

 

ビーチ側から見たオンワードビーチリゾートで右手の建物がウイング棟で左手の建物がタワー棟となっています。

 

どちらの棟のオーシャンビュー側はこういった感じとなっています。

 

ウォーターパークのあるオンワードビーチリゾートに宿泊することを決めた方は子連れの家族旅行の方が多いと思います。

 

宿泊者は連日ウォーターパークや目の前に無人島があるビーチで思い切り子供と遊ぶということができます。

 

オンワードビーチリゾートグアムでの宿泊には朝食がセットされていることが多いので、ホテル内のル・プルミエで朝食を楽しめます。

 

1日中ウォーターパークやビーチアクティビティを満喫するのであれば、昼食はホテル内のプールサイドバーで済ますのが良いのではないでしょうか。

 

一度部屋に戻ってランチ後はお昼寝などの休憩という方でしたら、ル・プルミエのランチは平日大人20.00ドル、子供10.00ドル、土日大人22.00ドル、子供11.00ドルと格安なのでお勧めです。

 

夜もまだまだ楽しみたいという家族にはオンワードトロピカルBBQがおすすめです。

 

家族でBBQを楽しんだ後には南国ムードのポリネシアンダンスショーを観て楽しみます。

 

自分でテーブルのコンロで焼くバーベキューはお肉のボリュームもあって満腹になります。

 

オンワードビーチリゾートに金曜日に宿泊しているのであれば、夜の嵯峨野の寿司食べ放題は是非楽しんでもらいたいと思います。

 

食べ放題には10種類のネタの握り寿司のほか、天ぷら、鉄板焼、居酒屋風メニューが取り揃えられています。

 

満足がいくまで家族で美味しいお寿司を食べましょう。

 

オンワードビーチリゾートに滞在するのであれば、なるべくホテル内で食事をして、滞在中は子供とゆっくりビーチリゾートを遊んで過ごすということがお勧めです。

 

大きなウォーターパークは毎日楽しめますし、海を楽しむのであればビーチからアルパット島まで冒険をすることができます。

 

アルパット島はひょっこりひょうたん島のモデルにもなった島で、干潮時には歩いて行ける無人島ですから子供と共に冒険するのがおすすめです。

 

満潮時でしたらカヌーを借りて行くことができますので、子供と南の島の探検を気分が満喫できます。

 

オンワードビーチリゾートグアムはビーチリゾートを満喫するための施設が整ったホテルとなっていますので、ホテル内だけの滞在でも十分楽しめます。

 

それでもホテルの外のレストランを利用したい時には近くにあるファミリーレストランのシャーリーズがリーズナブルでお勧めです。

 

子供がある程度大きい方でしたら、隣の高級ホテルのシェラトンのレストランも利用して滞在を楽しむということもできます。

 

オンワードビーチリゾートグアムにはディナー時に利用できるビュッフェレストランがありませんので、夕食はシェラトンの少し高級感が味わえるビュッフェレストラン、ラ・カスカッタを利用しても良いのではないでしょうか。

 

またホテルから赤いシャトルバスを利用すればすぐに行けるGPOには、チリーズやルビーチューズディ、アイホップなどのアメリカンな雰囲気が楽しめるレストランもあります。

 

これらのファミリーレストランでローカルに混ざって、海外に来たという雰囲気を楽しみながらの食事もお勧めです。

 

オンワードビーチリゾートはタモンの中心地から離れていて移動に時間がかかりますので、滞在中にショッピングや地元のレストランを楽しみたいという方にはおすすめしません。

 

食事やショッピングのための移動に時間を費やさないで、ビーチリゾートでの滞在自体を楽しみたいという方にお勧めのホテルです。

 

オンワードはウィング棟がお勧め

オンワードビーチリゾートはどのグレードの部屋が良いのかと思ってホームページを見ますと、タワー棟のオーシャンビューのバスルームが素敵だなと思ってしまうのは私だけではないと思います。

 

タワー棟は景色が良さそうなのですが、宿泊代金がウィング棟に比べると高いのも事実です。

 

素人調査隊がオンワードビーチリゾートに宿泊するのであれば、ウィング棟のオーシャンビューの部屋に宿泊します。

 

なぜかといいますと、ウィング棟の部屋はオーシャンビューとシティービューのどちらの部屋も2011年の11月に改装されていますので、まだまだ綺麗な部屋で快適な滞在ができるからです。

 

部屋の広さも44m2と、タワー棟と1uしか広さも変わりません。

 

改装はカーペットからカーテン、ベッドなどとなっていまして、日系ホテルらしくトイレにはウォシュレットが完備されているので快適に過ごせると思います。

 

宿泊代金が安くなった分で、ホテル内レストランの嵯峨野でリッチに鉄板焼きディナーを楽しむなどいかがでしょうか。

部屋のカテゴリーについて

オンワードビーチリゾートホテルにはオンワードタワーとオンワードウイングの2つの棟があります。

 

オンワードビーチリゾートホテルの良い点は部屋の広さはオンワードウイングが44u、オンワードタワーが45uと広いことです。

 

グアムの最高級ホテルのデュシタニグアムのデラックスオーシャンフロントルームでも43u、ハイアットリージェンシーでも42uですから、オンワードビーチリゾートホテルの部屋が十分に広いことがわかります。

 

タワーの部屋はクラブルームといった格付けとなり、オンワードタワーにあるクラブラウンジを使用することができます。

 

オンワードタワーの部屋のカテゴリーは次となります。

 

タワースタンダード

 

オンワードタワーの低層階の5階から14階の部屋となります。

 

部屋の広さは45uで、ベッドはキングサイズ(185×205cm)が2台となります。

 

アメニティは次となります。

 

バスローブ(ベッド台数分)
歯磨きセット
バニティキット(コットンパフ、綿棒、爪やすり)
ロクシタン製バスアメニティ(シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、石鹸)
ボトルウォーター
スリッパ(ベッド台数分)
セーフティボックス
2ドア式冷凍冷蔵庫
湯沸しポット
ヘアドライヤー
ウォシュレット
WiFi

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 

タワーデラックス

 

15階から21階の部屋となります。

 

部屋の広さは45uで、ベッドはキングサイズ(185×205cm)が2台となります。

 

アメニティはタワースタンダードと同じです。

 

 

タワーエグゼクティブ

 

すばらしい眺望を楽しむことができる22階、23階の部屋となります。

 

部屋の広さは45uで、ベッドはキングサイズ(185×205cm)が2台となります。

 

アメニティはタワースタンダードと同じです。

 

 

オンワードウイングの部屋のカテゴリーは次となります。

 

オーシャンフロント

 

ビーチ側の4階から16階の部屋となります。

 

部屋の広さは44uで、ベッドはダブルサイズベッド(145×205cm)が2台となります。

 

アメニティは次となります。

 

シャンプー&コンディショナー
シャワージェル
石鹸
歯磨きセット
バニティキット(コットンパフ、綿棒、爪やすり)
セーフティボックス
2ドア式冷凍冷蔵庫
湯沸しポット
ヘアドライヤー
スリッパ(ベッド台数分)
ウォシュレット
WiFi

 

シティービュー

 

ビーチとは反対側の4階から16階の部屋となります。

 

部屋からはグアムの街並みを見ることができます。

 

部屋の広さは44uで、ベッドはダブルサイズベッド(145×205cm)が2台となります。

 

アメニティはオーシャンフロントと同じです。

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 

ジュニアスイート

 

ビーチ側の4階から16階の中央部にある部屋となります。

 

部屋の広さは75uで、ベッドルームとリビングルームが分かれています。

 

ベッドルームにはダブルサイズベッド(145×205cm)が2台となります。

 

タワーラウンジの利用ができます。

 

アメニティは次となります。

 

歯磨きセット
バニティキット(コットンパフ、綿棒、爪やすり)
ロクシタン製バスアメニティ(シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、石鹸)
スリッパ(ベッド台数分)
バスローブ
セーフティボックス
2ドア式冷凍冷蔵庫
湯沸しポット
ヘアドライヤー
ウォシュレット
WiFi
電子レンジ
ポーションタイプドリップコーヒーマシン

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

オンワードグアムのビーチとプールの様子

オンワードグアムにはウォーターパーク以外にもプールがビーチ沿いにあり、こちらはとても静かな雰囲気となっていますので、プールサイドでゆっくりされたい方はこちらがお薦めです。

 

ビーチはタモン湾の様な華やかさはありませんが、目の前にはアルパット島などがありますので、カヌーなどで冒険するのも良いと思います。

 

シュノーケリングはあまり魚がいませんし、サンゴもほとんどありませんので、シュノーケリングを楽しめる海ではありませんが、それなりには楽しめます。

 

隣にありますオーシャンジェットクラブのジェットスキーの音がうるさく感じることもありますし、タモン湾と違いこちらの海はエンジン付きのジェットスキーの影響か珊瑚の周りにオイルが着いていることもありますので、エンジン物禁止のタモン湾の海水よりもオイルなどで汚れている?のではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーチに出る左側に海で遊べるレンタルハウスがあります。

 

 

 

カヌーを借りて無人島まで向かいましょう。

 

 

 

ホテル前のビーチです。

 

 

無人島からホテルを見るとこんな感じです。

 

 

レストランについて

グアムのオンワード内にはホテル内の滞在を楽しむためのレストランがあります。

 

レストランは次となっています。

 

 

朝食とランチビュッフェのル・プルミエ

 

オンワードビーチリゾートホテルに宿泊した際の朝食とランチで食べ放題が楽しめるビュッフェレストランはル・プルミエとなります。

 

子連れ家族旅行での食事の際には、子供が興奮したりして騒がないかどうか心配の方も多いと思いますが、そういった方でも安心して利用できるのがビュッフェレストランです。

 

ウォーターパーク利用が目的の子連れ家族旅行の利用が多いオンワードでは、当然レストランも子連れの方が多いので、周りにあまり気をつかわなくても済みます。

 

 

ル・プルミエの場所はウイング棟の2階となります。

 

営業時間は次となります。

 

朝食
午前7時から午前10時

 

ランチ
午前11時30分から午後1時30分

 

朝食内容

 

朝食の料理の一部をご紹介します。

 

サラダ
卵料理
ソーセージ
ハム
パン各種
ワッフル
チーズ
サーモン
カレー
ポテト
味噌汁
フルーツ
シリアル
ソフトドリンク
コーヒー
など

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 

ランチ内容

 

料理は日替わりとなっています。

 

料理の一部をご紹介します。

 

天ぷら
ローストビーフ
スペアリブ
春巻き
ポケ
巻きずし
パスタ
焼きそば
素麺
炒飯
サラダ
フルーツ
ケーキ
アイスクリーム
など

 

料金

 

ル・プルミエのビュッフェ料金はグアムのホテルの中ではリーズナブルな価格となっています。

 

朝食
大人 20.00ドル
子供(5〜11才) 10.00ドル
4才以下無料

 

ランチ
大人
月曜日〜金曜日 20.00ドル
土曜日・日曜日 22.00ドル

 

子供(5〜11才)
月曜日〜金曜日 10.00ドル
土曜日・日曜日 11.00ドル
4才以下無料

 

 

レストランの様子

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 

ディナーをホテル内のレストランで頂くのであれば、日本食の嵯峨野、レストラン&グリルキャラベル、オンワードトロピカルBBQとなります。

 

 

和食の嵯峨野

 

グアムでおいしい日本食が食べたいのであれば、やはり日系ホテルで日本人の板前さんがつくる日本食がお薦めです。

 

嵯峨野はグアムの日本食レストランの中でもお薦めのお店のひとつです。

 

レストランの窓からサンセットを見ながら楽しむ鉄板焼きは最高です。

 

嵯峨野で一番のお薦めは毎週金曜日に行われる「嵯峨野 寿司食べ放題」です。

 

大人55.00ドル 子供(5〜11才)22.00ドル 幼児(2〜4才)16.00ドルで10種類の寿司と天ぷら、鉄板焼き、居酒屋メニューが食べ放題となっています。

 

オンワードビーチリゾートに金曜日に滞在していましたら、ぜひ嵯峨野に行きましょう。

 


嵯峨野 (トリップアドバイザー提供)

 

 

また、日曜日のランチ時間にはサンデーブランチが行われています。

 

サンデーブランチでは飲み放題のシャンパンと共に、握り寿司、焼鳥、鉄板焼き、天ぷらなどが食べ放題で楽しむことができます。
営業時間

 

ディナー
午後5時30分から午後9時30分

 

サンデーブランチ(日曜日)
午前10時30分から午後1時30分

 

 

レストラン&グリルキャラベル

 

家族連れのグアム旅行であってもディナーは少しだけおしゃれなレストランでと思う方でしたらレストラン&グリルキャラベルはいかがでしょうか。

 

レストラン&グリルキャラベルは熟成牛のステーキやロブスターなどのシーフードを楽しむことができます。

 

こちらのシェフも日本人ですから、料理はどれも日本人にぴったりの味となっています。

 

レストランの場所はウイング棟地下1階です。

 

 

営業時間
午後5時30分から午後9時30分

 


キャラベル (トリップアドバイザー提供)

 

 

オンワードトロピカルBBQ

 

ポリネシアンダンスショーとBBQが楽しめるのがオンワードトロピカルBBQです。

 

グアムのローカルも大好きなBBQはグアム旅行では一度は楽しんでいただきたいと思います。

 

ボリュームがある肉を自分で焼いて食べるのはおいしいものです。

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 


オンワード ビーチ リゾート (トリップアドバイザー提供)

 

 

料金
大人 40.00ドル
子供(5〜11才) 20.00ドル
4才以下無料

 

ビールの飲み放題は大人が52.00ドルとなります。

 

営業時間
午後6時30分から午後8時

オンワードかPICのどちらが良いか

グアムのウォーターパークのあるホテルとしてこの2つのホテルはよく比較検討されるのではないでしょうか。

 

実際に行ってみますとこの2つのホテルはまったく雰囲気が違います。

 

まずオンワードは日系ホテルで日本人観光客がとても多いのです。

 

この点でPICは韓国資本ですから韓国人や中国人の方がとても多いと感じます。

 

ウォーターパークもオンワードはスライダーやマンタなどアクティビティ系が多いのですが、PICのプールはそういったものがありません。

 

ビーチはオンワードよりもPICの前の海の方が綺麗です。

 

ホテルの立地ではPICはタモンにありますので、歩いて行ける周りにレストランなども多くありますが、オンワードはタモンから離れた地区にありますので、周りにはレストランがありません。

 

リゾートホテルの雰囲気はPICの方がオンワードよりもあると感じます。

 

どちらのホテルも良い点と気になる点がありますし、雰囲気も全く違いますのでホームページを見てじっくり選んでもらうしかないと思います。

 

素人調査隊の個人的な意見ですが、日系の日本人に合った静かな雰囲気もあるホテルの方がどちらかといえば好きです。

オンワードグアムの場所

 

オンワードビーチリゾートホテルの場所はグアムの中心地であるタモンではなく。タモンから少し離れた場所にあります。

 

そのためグアム旅行がショッピングが目的の方には適したホテルではありません。

 

グアムの中心地からはなれていることにより、移動はしないでゆったりとしたプールや海を楽しむ方におすすめの場所となっています。

オンワードのシャトルバス乗り場について

オンワードビーチリゾートのシャトルバス乗り場はホテルの出入り口を出てすぐ左側にバス停の看板があり、実際にしの横でバスを待つ方が並びます。

 

赤いシャトルバスは実際にはこのバス停の前には停まらず、少し前方の場所で停車します。

 

そのためホテル前にいて、赤いシャトルバスが見えたら、乗るといった意思表示が必要です。

 

 

 

オンワードのWi-Fi事情

オンワードビーチリゾートのネット環境はタワー棟宿泊者のみ使える1階にあるリエゾンルーム内の無料PCを利用することができますし、Free Wi-Fiスポットになっています。

 

また客室は全客室430 室がFree Wi-Fiを 導入されましたので、スマホが便利に使えます。

 

タワー棟はタワーラウンジもFree Wi-Fiとなっていますし、ウイング棟はフロントエリアがFree Wi-Fiとなっています。

 

オンワードではホテルロビーも無料のWi-Fiエリアとなっています。

 

日系ホテルらしくWi-Fiはとても充実しています。

 

オンワードビーチリゾートをグアム旅行で選ぶ理由とお勧めの点をしっかり教えます記事一覧

ウイング棟の浴室はタワー棟のように独立して海側にあるような形式ではなく、洗面とトイレが一室となったユニットバスのような形式となっています。クローゼットもウイング棟はクローゼットルームではなく、備え付けのクローゼット形式となっています。ウイング棟の部屋には32型液晶テレビ、金庫、2ドア式冷凍冷蔵庫、湯沸しポット、ヘアドライヤー、スリッパ、子供用ベッドガードとなっていてトイレにはウォシュレットが付いて...

オンワードビーチリゾートではどのグレードの部屋が良いのかと思ってホームページを見ますと、タワー棟の海を見ながら入浴できるバスルームが素敵だなと思ってしまうのは私だけではないと思います。タワー棟は部屋からの眺望が良いのですが、宿泊代金がウイング棟に比べると高いのも事実です。素人調査隊がオンワードビーチリゾートに宿泊するのであれば、個人的にはウイング棟のオーシャンビューの部屋に宿泊します。なぜかといい...

オンワードビーチリゾートの前のビーチですが、海の綺麗さではタモンビーチにはかないません。しかしオンワード前の砂浜からは無人島の探検に行くことができます。オンワードビーチリゾートに宿泊の方でしたら、無人島まで行くカヌーはマリンクラブで、無料で借りることができます。子供といっしょにカヌーを漕いで無人島に向かうのは探検をするようで、とても楽しい気分になれるのではないでしょうか。また、シュノーケリングセッ...

グアム旅行の際には食べ放題のビュッフェレストランはよく利用するのですが、和食のビュッフェでお寿司が中心というのはオンワードビーチリゾートの嵯峨野だけなのです。そしてお寿司だけでなくビールと赤、白ワインも飲み放題ということでうれしい限りなのです。グアムでビールの飲み放題といいますとアメリカのビールの場合がほとんどなのですが、嵯峨野の場合はアサヒビールなのです。グアム旅行ではついつい飲みすぎてしまい酒...

グアムのオンワードビーチリゾートの部屋は全室がオーシャンフロントルームとなっていますオンワードタワー棟の部屋と、海に面した部屋はオーシャンフロントで、町側にある部屋はシティビューとなっているオンワードウイング棟があります。部屋の広さはオンワードタワー棟が45uでオンワードウイング棟が44uとなっていますので、部屋のレイアウトは違いますが、広さはほぼ同じとなっています。オンワードタワー棟の部屋とオン...

グアムのウォーターパークはオンワードウォーターパーク以外にもPICやターザがあります。その中でオンワード・ビーチ・リゾート・ウォーターパークは日系のホテルで、プールなどの遊びだけでなく、海の遊びも楽しめるのが魅力的となっています。オンワード・ビーチ・リゾートに宿泊の方はウォーターパーク以外にも無人島へ行くカヌーやグラスボード、シュノーケルなどのビーチレンタルは無料で利用できます。また有料でイルカツ...

オンワードグアムにはビュッフェレストランのル・プルミエ、日本料理レストランの嵯峨野、イタリアンとグリルのレストランのキャラベルがあります。オンワードビーチリゾートグアムは日系ホテルのため日本人の方の利用が多く、ホテル内レストランなどでは海外に来ているという雰囲気が希薄に感じてしまうこともあります。グアムに来たということを感じるためにもホテルの近くでローカルの方の利用が多いレストランに行くのも良いの...

グアム旅行に参考になる楽天トラベルの情報はこちらです
グアム旅行やサイパン旅行でお得な旅行プランを探すのでしたらこちらの楽天トラベルのサイトはしっかりチェックしましょう。 お得な期間限定のセール品や楽天限定のプランをお見逃しなく。
優雅に海外旅行を楽しみたいのであれば、やはりビジネスクラスを利用してエコノミークラスとはレベルの違う機内食や優先サービスも楽しみたいものです。 空港でのラウンジサービスやグアム空港での優先搭乗サービスは一度体験するとビジネスクラスしか利用できなくなります。
個人手配旅行を醍醐味はホテルの良い部屋の格安な宿泊プランを見つけることです。 ツアーでは泊まれなかった宿泊代金が高い部屋がリーズナブルに宿泊できるプランや、朝食付きなどお得なプランがあるかもしれません。
個人手配旅行でしたら格安航空券を見つけて、その分を高級ホテルの部屋で宿泊するといった旅行にすることもできます。 楽天でしたら格安航空券を見つけたら安心して購入することができます。
グアム旅行の楽しみはやはりきれいな海で、シュノーケリングでもそのきれいな海を堪能することができます グアムのホテルはビーチリゾートらしくプールも一日中楽しめるホテルが揃っています グアムのホテルには豪華な食べ放題のレストランも多くあり、どこのレストランも美味しそうで選ぶのがまよってしまいそうです きれいな海の景色を楽しみながらゆっくり滞在を楽しめるホテルを探しましょう
この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています





サイトは素人調査隊がグアム旅行の際に体験したことや、調べた時点の情報となっています。
記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
サイトの記事等で問題がございましたら訂正させて頂きます。
大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様よろしくお願いいたします。
連絡先
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp
TOPへ